脱毛後に日焼けをしていはいけないのはなぜ?

 

 

一年中を通して紫外線は飛んでいますが、特に夏の時期は直射日光が強く、海やプールなど肌を露出する機会が多くなっています。そのような時期に脱毛をする計画を立てているなら、脱毛後の直射日光とプールなどは避けて日焼けをしないように気を付ける必要があります。

 

サロンでも必ず注意されることとして脱毛期間中の日焼けは絶対にしないようにといわれます。なぜ日焼けをしてはいけないのでしょうか?それは、脱毛の仕組みが関係しているからです。

 

脱毛の施術で使用するレーザーは、ムダ毛の黒い部分に反応をします。また、レーザー脱毛後の肌は刺激に対して非常に敏感な状態になっています。もちろん、施術でしようしているレーザーは該当箇所のみに反応するので、皮膚や毛穴周辺の細胞などにダメージを与えることはありませんが、毛根の細胞を破壊しているので肌がダメージを受けていることは確かです。

 

そのため、直射日光が当たるなら、肌には刺激が強すぎ、炎症や色素沈着の原因となります。このように脱毛期間中に日焼けをすると、さまざまなリスクが高まるので注意が必要です。

 

脱毛後に直射日光に当たってしまったら・・?

 

 

日焼けはやけどと同じで、直射日光にあたるなら赤くなり痛みがでます。なので、もし脱毛直後(脱毛日や前日も)に直射日光に当たってしまったら、日焼けしてしまった肌を冷水で冷やして保湿ケアをするようにしましょう。脱毛をした部位により異なりますが、最低でも脱毛後1週間から1か月は直射日光やプール・海などは避けて肌を紫外線からしっかり守るようにしましょう。

 

また、肌の乾燥にも気を付ける必要があります。なぜなら、肌の見た目は変わらずに分からないかもしれませんが、皮膚のバリア機能は低下しているからです。

 

なので、保湿ケアをしっかり行いお肌を乾燥から守るようにしましょう。

 

 

どのように日焼け対策ができる?

冬の間の脱毛なら特に問題はありませんが、薄着で肌の露出が多くなる夏場の脱毛は気を付けなければいけません。日傘、長袖、サングラス、マスク、帽子などは基本として使用できるでしょう。

 

それに加え、日焼け止めクリームを使用できます。日焼け止めにはさまざまな種類がありますが、SPFとPAの数値が高ければ高いほど良いというわけではありません。脱毛後の肌には、SPF30くらいの日焼け止めや敏感肌用の日焼け止めを使用できるでしょう。

 

アフターケア次第で肌がキレイになるか、トラブルの有無が変わってきますので、脱毛直後のケアにも気を付けましょう。

 

関連ページ

脱毛の副作用とトラブル対策
脱毛後の数時間から翌日にかけて、肌に赤みやヒリヒリ感がでる場合がよくありますが、これはレーザーやフラッシュなどの光線を肌に照射する以上避けることができないリスクなので、正常な反応と言えるかもしれません。
脱毛中に避ける生活習慣は?
特に男性ホルモンが多いと体毛が濃くなると言われているので、男性ホルモンを促進させる食べ物を控えることができるでしょう。では、女性の敵ともいえる男性ホルモンを分泌させる食べ物とは何でしょうか?
脱毛中のトラブル事例と対処法
脱毛をするという時点で、肌には大きなダメージがかかります。しかし、脱毛サロンで行う脱毛は、カミソリや毛抜きなどで行う自己処理よりも負担は少ないですが、肌トラブルは生じます。
サロンの雰囲気とスタッフの人柄を見よう
全身脱毛はもちろん、部位脱毛をするにしても基本的に多くの方が受けるのが無料相談、つまりカウンセリングです。無料相談は文字通り無料で、脱毛に関する疑問やサロン料金体系などを教えてくれます。
飲酒と喫煙は脱毛の天敵
飲酒と喫煙は脱毛の天敵です。こちらではその理由についてまとめています。ホルモンバランスが乱れ、毛周期のサイクルにばらつきがでてしまうので脱毛効果を最大限に引き出すことができません。
脱毛サロンのお友達紹介の注意点
多くの脱毛サロンで、お友達紹介割引や商品券がもらえるなどのキャンペーンやサービスなどを実施しています。紹介したお友達はもちろん、紹介されたお友達の双方に適用されるので、とても嬉しいお得な制度と言えます。
トラブル対策のクリニックを見つけておこう
脱毛サロンの口コミなどを見てみると、多くのトラブルも報告されています。たとえば、低料金の体験コースを申し込んだら、高額なコースの勧誘をされた、肌が荒れた、想定外の予算オーバーをしたなどさまざまなトラブルがあります。
妊娠中に脱毛は禁止!
女性の場合、自分では知らない時に妊娠していることがあります。また、赤ちゃんが生まれたばかりで授乳をしなければならない時期もあります。では、そのような時期に脱毛をすることはなぜ禁止なのでしょうか?