脱毛による皮膚の炎症の場合

 

 

脱毛後の数時間から翌日にかけて、肌に赤みやヒリヒリ感がでる場合がよくありますが、これはレーザーやフラッシュなどの光線を肌に照射する以上避けることができないリスクなので、正常な反応と言えるかもしれません。

 

特にレーザー治療の場合は、毛根のメラニンに反応して生じた熱により毛根組織を破壊することにより脱毛効果を得ることができます。のでそのダメージが肌の表面に現れていると言えます。

 

では、どのように対策をできるでしょうか?肌荒れをしている状態で施術を受けると光や熱のダメージを受けやすくなります。

 

なので、保湿ケアをしっかり行い、肌に潤いを与えておくようにしましょう。

 

やけどの場合

施術後、3日以上経過しても赤みや炎症の症状が治まらない場合は、軽度のやけどをしていると考えられます。

 

脱毛エステでやけどが生じるということはほとんどありませんが、肌が乾燥していたり、施術の前日に日焼けをしたりしているとやけどのリスクが高まる傾向があります。なので、脱毛中は日焼けをしないようにしましょう。

 

そして、必ず紫外線(UV)ケアや日焼け対策を行うようにしましょう。

 

毛嚢炎(もうのうえん)の場合

 

 

毛嚢炎とは、脱毛後の肌にニキビ状のぶつぶつができている状態のことです。脱毛の際に肌に刺激を与えてしまい、毛穴が傷ついたときに雑菌が入り込み感染をしてしまい起こる症状です。

 

比較的発生しやすい肌トラブルなので、塗り薬で対処できます。その際、塗り薬は自分で選ばず、専門の医師に選んでもらうようにしましょう。それに加え、いつも肌を清潔な状態に保つようにするなら予防できるでしょう。

 

さらに、できてしまったブツブツはつぶさないようにしましょう。

 

硬毛化の場合

顔や背中などに生えている産毛や細い毛が、レーザーやフラッシュなどの刺激により濃くなってしまうことを硬毛化と言います。それは、毛根に中途半端な刺激を与えてしまうことによりそのような状態になってしまいます。

 

フラッシュの光刺激はレーザーよりも弱いと言われているため肌に優しいと言われていますが、フラッシュの光は脱毛効果が低いので、抜けなかった毛根が活性化して、硬毛化しやすいと言われています。

 

なので、レーザー脱毛をする場合には、脱毛する場所に合わせてレーザーの種類を使い分けることができるかもしれません。

 

関連ページ

脱毛中に避ける生活習慣は?
特に男性ホルモンが多いと体毛が濃くなると言われているので、男性ホルモンを促進させる食べ物を控えることができるでしょう。では、女性の敵ともいえる男性ホルモンを分泌させる食べ物とは何でしょうか?
脱毛中のトラブル事例と対処法
脱毛をするという時点で、肌には大きなダメージがかかります。しかし、脱毛サロンで行う脱毛は、カミソリや毛抜きなどで行う自己処理よりも負担は少ないですが、肌トラブルは生じます。
サロンの雰囲気とスタッフの人柄を見よう
全身脱毛はもちろん、部位脱毛をするにしても基本的に多くの方が受けるのが無料相談、つまりカウンセリングです。無料相談は文字通り無料で、脱毛に関する疑問やサロン料金体系などを教えてくれます。
飲酒と喫煙は脱毛の天敵
飲酒と喫煙は脱毛の天敵です。こちらではその理由についてまとめています。ホルモンバランスが乱れ、毛周期のサイクルにばらつきがでてしまうので脱毛効果を最大限に引き出すことができません。
脱毛後の直射日光とプールは避けて
一年中を通して紫外線は飛んでいますが、特に夏の時期は直射日光が強く、海やプールなど肌を露出する機会が多くなっています。
脱毛サロンのお友達紹介の注意点
多くの脱毛サロンで、お友達紹介割引や商品券がもらえるなどのキャンペーンやサービスなどを実施しています。紹介したお友達はもちろん、紹介されたお友達の双方に適用されるので、とても嬉しいお得な制度と言えます。
トラブル対策のクリニックを見つけておこう
脱毛サロンの口コミなどを見てみると、多くのトラブルも報告されています。たとえば、低料金の体験コースを申し込んだら、高額なコースの勧誘をされた、肌が荒れた、想定外の予算オーバーをしたなどさまざまなトラブルがあります。
妊娠中に脱毛は禁止!
女性の場合、自分では知らない時に妊娠していることがあります。また、赤ちゃんが生まれたばかりで授乳をしなければならない時期もあります。では、そのような時期に脱毛をすることはなぜ禁止なのでしょうか?