脱毛サロンはトラブルだらけ?!

 

 

脱毛サロンの口コミなどを見てみると、多くのトラブルも報告されています。

 

たとえば、低料金の体験コースを申し込んだら、高額なコースの勧誘をされた・・、肌が荒れた、想定外の予算オーバーをした・・などさまざまなトラブルがあります。

 

なので、それらトラブル対策をしておく必要があります。

 

サロンとクリニックはどこが違うのか?

大きく簡単に分類すると、医療行為を行うのがクリニック、医療行為を行わないのがサロンです。クリニックでの脱毛は、免許を持った医師が医療脱毛を行います。免許が必要なのは、レーザーなどの強い光線を使って毛根を処理する方法を採用しているからです。

 

実際に厚生労働省で定められており、使用する機器が医療用であるかどうかを問わず、レーザー光線やその他の強力なエネルギーを有する光線を使って、毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為をすることは、医師免許を持つ人しかできません。

 

また、クリニックでの脱毛は強力な光線のため効果大ですが痛みを伴います。そのため、麻酔を使用することが許されています。

 

医療行為の脱毛ですが、健康保険は適用されないので全額自己負担となります。一方、サロンではクリニックのような医療行為は行うことができません。なので、レーザーのような強力な光線を使用できないので、医療脱毛と比較するなら効果は若干劣ります。

 

麻酔を使用するほど痛みもありませんので、お肌には優しい脱毛と言えます。

 

 

もしサロンで満足できなかったら・・クリニックへ!

 

 

サロンでの脱毛は上記で見たようにお肌にやさしいものです。そのため、医療脱毛と比較すると、ある程度の期間も必要となります。

 

もしサロンでの効果に満足できなかったら、トラブル対策としてクリニックに行くことができます。

 

たとえば、サロンで永久脱毛と言われたのに、また生えてきた・・とか、勧誘がしつこい、清潔感がなかった、スタッフの態度がよくないなどのトラブルが生じたなら他のクリニックへ乗り換えることができるでしょう。

 

 

クリニックのメリット

クリニックでは常に医師がいますので、施術後に肌トラブルが万が一生じたとしても適切な処置を受けることができます。また、薬も症状にぴったりのものを処方してくれますので、安心してトラブル対策をできます。

 

肌が弱い方などは最初から医師が在住しているクリニックを利用できるでしょう。

関連ページ

脱毛の副作用とトラブル対策
脱毛後の数時間から翌日にかけて、肌に赤みやヒリヒリ感がでる場合がよくありますが、これはレーザーやフラッシュなどの光線を肌に照射する以上避けることができないリスクなので、正常な反応と言えるかもしれません。
脱毛中に避ける生活習慣は?
特に男性ホルモンが多いと体毛が濃くなると言われているので、男性ホルモンを促進させる食べ物を控えることができるでしょう。では、女性の敵ともいえる男性ホルモンを分泌させる食べ物とは何でしょうか?
脱毛中のトラブル事例と対処法
脱毛をするという時点で、肌には大きなダメージがかかります。しかし、脱毛サロンで行う脱毛は、カミソリや毛抜きなどで行う自己処理よりも負担は少ないですが、肌トラブルは生じます。
サロンの雰囲気とスタッフの人柄を見よう
全身脱毛はもちろん、部位脱毛をするにしても基本的に多くの方が受けるのが無料相談、つまりカウンセリングです。無料相談は文字通り無料で、脱毛に関する疑問やサロン料金体系などを教えてくれます。
飲酒と喫煙は脱毛の天敵
飲酒と喫煙は脱毛の天敵です。こちらではその理由についてまとめています。ホルモンバランスが乱れ、毛周期のサイクルにばらつきがでてしまうので脱毛効果を最大限に引き出すことができません。
脱毛後の直射日光とプールは避けて
一年中を通して紫外線は飛んでいますが、特に夏の時期は直射日光が強く、海やプールなど肌を露出する機会が多くなっています。
脱毛サロンのお友達紹介の注意点
多くの脱毛サロンで、お友達紹介割引や商品券がもらえるなどのキャンペーンやサービスなどを実施しています。紹介したお友達はもちろん、紹介されたお友達の双方に適用されるので、とても嬉しいお得な制度と言えます。
妊娠中に脱毛は禁止!
女性の場合、自分では知らない時に妊娠していることがあります。また、赤ちゃんが生まれたばかりで授乳をしなければならない時期もあります。では、そのような時期に脱毛をすることはなぜ禁止なのでしょうか?